司法講座:第4回目の講義が行われました

 2010年10月1日,立命館慶祥高等学校「司法講座」の第4回目の講義が行われました。

 今回のテーマは予告どおり知的財産法です。「知的財産について考えよう」というテーマで担当の講師による講義が行われました。

 前半は知的財産権について身近な物(携帯電話)の例から考えたり,物の所有権との違いについて学びました。特許権・著作権など様々な権利の話が出てきたり,最高裁判所の判決が出てきたりするなどかなり難しい内容であったと思いますが,学生のみなさんが真剣に話を聞いて熱心にメモをとっていたのが印象的でした。

 後半はネット上への動画アップロードの事例を取り上げて,著作権法違反・侵害行為について具体的に考えてもらいました。グループで検討してもらいましたが,各グループとも大変活発に議論が交わされており,これまでの講義の成果が出てきているのではないかと思いました。

 司法講座も残り2回となりましたが,最後まで楽しい講義にしたいと思いますのでよろしくお願いします。