「法律事務特別講座」シラバス

 2010年度のシラバスです。


テーマ

 法律実務の理解を通じて,現実社会における法実践を学ぶ


到達目標

 法律科目で学んだ法知識と現実社会における法実践と結びつけて理解し,現実社会の事象について法的に検討する力を身に付ける。

授業概要

 この講義は,弁護士・法律事務所において取り扱う業務を中心とした法律実務の理解を通じて,法知識と法実践とを結びつけて理解し,現実社会の事象について法的に検討する力を身に付けてもらうことを目的としています。

 具体的には,典型的な民事事件及び刑事事件の実務を中心として,その周辺の破産・再生,保全・執行,少年事件等を講義で取り上げます。講師は弁護士が担当しており,現実の法実践について,具体的な事例等にも触れながら講義を進めていきたいと思います

 受講生には,講義内容の理解はもちろんですが,講義で取り扱う内容以外にも,ニュースや新聞等で見聞した社会事象に広く関心を持ち,それらを法的な観点から検討するということを日常的に実践してもらうことを期待します。


授業計画

 次のとおりの内容を取り扱うことを予定していますが,講義の進行状況により,回数及び順序を変更する場合があります。

  • 第1回 オリエンテーション
  • 第2~5回 刑事法(刑事実体法,捜査・公判の手続)
  • 第6~10回 民事法(民事実体法,民事紛争解決)
  • 第10~13回 親族・相続,消費者,労働に関わる法など
  • 第14~第15回 法・司法に関わる職業の概観

成績評価

 期末レポートによる評価(80パーセント)に加えて,平常点(20パーセント)も考慮して判定する。


テキスト

 特に使用しません。


参考文献

 必要に応じて講義時に紹介します。