刑事法I(刑法総論)シラバス

 下記のシラバスは2011年度のものです。


講義のねらい

犯罪を法的に把握するための枠組みの理解

 刑事法Iでは,刑法のうち「刑法総論」と呼ばれる分野を扱います。

 「刑法総論」では,様々な犯罪に共通する一般的な枠組みとして,どのような場合に「犯罪」が成立し,それに対してどのような「刑罰」が科されるかということを学びます。

 刑法総論を学ぶことは,様々な犯罪が成立する要件を個別具体的に明らかにする「刑法各論」の前提としても必要ですし,また,犯罪の捜査がどのように行われ,裁判がどのように進められるかを学ぶ「刑事訴訟法」の理解のためにも必要です。更には,刑法という極めて重要な基本法令の解釈について学ぶことは,他の法分野を学ぶ際にも役立つものと考えます。

 刑法総論は難解で理解の難しい分野であるといわれますが,講義では,刑法総論の基本的な考え方を理解してもらうことに重点を置いて,できる限りわかりやすい説明を心掛けたいと思いますので,受講される方 にもテキスト等による予習・復習をお願いします。

授業の流れ(準備学習の内容を含む)

 刑法総論で学ぶべき内容は体系的に整理されており,講義では基本的に以下の項目を体系順に学んでいきます。なお,講義進行上の都合により取り扱う順序・回数を変更する場合もあります。

第 1 刑法とは何か(第1回)

第 2 刑法の基礎(第2回)

第 3 罪刑法定主義(第3回)

第 4 犯罪論の体系(第4回)

第 5 構成要件該当性(第5~8回)

第 6 違法性(第9~12回)

第 7 責任(第13~16回)

第 8 未遂犯(第17~18回)

第 9 共犯(第19~23回)

第10 罪数(第24回)

第11 刑法の適用範囲(第25回)

第12 刑罰論(第26回)

成績評価

 成績評価は期末試験の結果によります。試験の形式等については講義中に説明します(昨年度は選択式の問題を出題)。

注意事項

教科書・参考書

 講義では島伸一編『たのしい刑法[第二版]』(弘文堂,2008年)を参照しますが,山口厚『刑法』(有斐閣,2005年)などの他の教科書を使用しても構いません。

 六法(有斐閣ポケット六法,三省堂デイリー六法,岩波セレクト六法など,コンパクトなもので構いません)も持参してください。